TOP

★The Johnny Depp World★

Johnny which a directors and actors tell.
〜監督・俳優らが語るジョニー・デップ〜

NAME 関係 メッセージ
ヨハンナ・シュエリー アメリカのジャーナリスト ハリウッドはジョニーに対し、もっとメジャー路線の映画に出演してもらいたい、もっと彼のルックスを利用したい、もっと典型的なヒーローを演じてほしいと望むが、彼は絶対にその思惑には乗らない。
ゴア・バービンスキー 「パイレーツ・オブ・カリビアン」監督 彼は癖のある作品に出演することで知られているアーティストであり、素晴らしい俳優だ。そして、人気を得るためやギャラの金額で出演作を選ぶ俳優ではない。アーティストとしてやりがいのある役だと彼自身が価値を見出した作品でなければ出演してくれないよ。彼は特に子供が楽しむ作品に出演したかったのだと思う。
ウェス・クレイヴン 「エルム街の悪夢」監督 (オーディション会場にジョニーが入ってきた)そのとき、その場で感じたんだ。他の役者にはないカリスマ性をね。ジェイムズ・ディーンのような魅力が彼にはあった。力強さとナイーブさを秘めた若者だと思ったんだ。(自分の)娘達は彼に熱を上げていたよ。女性から見て、すごくセクシーな男だったんだ。
ジョン・ウォーターズ 「クライ・ベイビー」監督 ジョニーは怖いもの知らずの役者だよ。よく出演を決断したと思う。彼はこんな風変わりな脚本は読んだことがないと言っておきながら、まさに自分が待ち望んでいた作品だと言ってくれたよ。彼の今までのアイドルのイメージをコケにする役だったのにね。ジョニーはアイドルでいることにうんざりしていたから、「どんなイメージでも自分で笑い飛ばしてしまわない限り、そこから抜け出せない」って言ったんだ。彼にはこの役にふさわしい度胸があったんだ。クライ・ベイビーを演じることによって、彼は自分を見つめ、笑い飛ばすことができたんだ。
アレキサンダー・ウォーカー ロンドンの映画評論家 ジョニー・デップは本物のスターだ。魅力的な若者のすべてを兼ね備えている。若く、ハンサムで、手に負えないやんちゃ坊主だ。
ティム・バートン 「シザー・ハンズ」監督 ジョニーはほとんどエドワードそのものなんだ。年をとるにつれ自然と失われていく繊細さが、彼にはある。そこに観客はグッとくるんだ。ジョニーはそうした心をある程度、守っていきたいと思っている男なんじゃないかな。ジョニーと仕事ができて本当に良かった。彼は自分の体験に近いテーマをふんだんに役に込めてくれたからね。ジョニーはアイドルとして名が売れていたから、鼻持ちならない男だと想像していた。でもつき合ってみれば、彼は楽しい人間で、温かくてとてもいい奴だった。普通の男だよ。彼は外見だけで判断されている。でも彼は正反対の人間なんだ。だから、イメージや先入観というテーマを扱ったこの「シザー・ハンズ」は、彼にとって身近な問題だったんだ。ジョニーが引き受けてくれて本当に良かったよ。
ヴィンセント・ギャロ 「アリゾナ・ドリーム」共演者 映画での最高のジョニーを観たかったら、セリフをしゃべっていない彼に注目するといい。最高の聞き役に徹しているよ。『アリゾナ・ドリーム』では、僕らが映画館へ行き映画を観るシーンがあった。彼がやっていることは、僕が女の子をナンパしているのを見てるだけだった。俺は(セリフで)「ブランドの顔と髪に触れることのできる女がいるか?パチーノやデ・ニーロ頬に手を置くことのできる女がいると思うか?あのジョニー・デップの野郎の顔をなでる女がいるだって?ふざけんな。あいつがそんなことを許すと思うか?」って、リハーサルだと思ってアドリブで馬鹿なジョークを言ってみたんだ。なのにジョニーは完璧に役を演じきっていた。俺が奴の名を言っても、ちっともたじろがずに振舞っていた。ちなみに俺がいちばん生き生きと演じられたのはあのシーンだったね。
ウィノナ・ラーダー 「シザー・ハンズ」共演者
(元恋人)
彼は素晴らしい人だと思うわ。彼については、そういう褒め言葉以外に何も見つからない。でも、終わってしまったの。
ジェレマイア・チェチック 「妹の恋人」監督 (ジョニーを選んだのは)「シザー・ハンズ」の彼の演技を見たからだよ。実に素晴らしかった。彼はちょっとした微妙な動きで、繊細な感情を表現していた。それで、彼ならばサムという役に、オリジナリティあふれる魅力を与えてくれると確信したんだ。
ダン・カミン 「妹の恋人」
パントマイムコーチ兼振り付け師
サム(ジョニー)の面白さは、言葉よりもむしろ体の動きで笑わせるところにある。サイレント時代の名優チャップリンやキートンたちと同じようにね。僕らは彼らのスタイルをとらえることに集中した。まず手品から始め、さらに手を器用に使った芸、そして、キートン特有の”ズッコケ”を練習した。ジョニーの上達ぶりには驚くべきものがあった。それらの繊細な動きをとらえるのは並大抵のことではないが、ジョニーは見事にやってのけたよ。本当に勇猛果敢な俳優だよ。すごい集中力で、ちょっとした動きまで熱心にやってモノにしていったんだ。
メアリー・シュチュアート・マスターソン 「妹の恋人」共演者(妹役) 私は夫と離婚したばかりで、落ち着こうと思っても神経が高ぶってどうしようもなかったの。でもジョニーが現れた瞬間、現場の空気がパッと変わったの。彼のオーラとも言うべきかしら。とにかく人間の大きさみたいなものを感じたわ。
ラッセ・ハムストレム 「ギルバート・グレイプ」監督 ギルバートは冷めた傍観者的なキャラクターで、周囲の刺激を受けて変化していく役どころだ。ジョニー・デップはこの役にパーフェクトな役者だった。彼はギルバートに必要な繊細さを兼ね備えている。
彼は、一風変わった役柄にひかれるのだろう。驚くほど美しいルックスを備えながら、自分では何とも思っていないんだ。
ジョニー・デップは完璧な俳優だ。彼にはギルバートに欠かせない感性の鋭さがある。
ピーター・ヘッジス 「ギルバート・グレイプ」原作者 普通のスターなら気にもかけない役選びをするのがジョニー。惚れ惚れするほどのルックスに恵まれながら、彼自身はそれをまったく気にかけていない。初めて会ったときの彼は、髪を長く伸ばしていて、話し合いに姿を見せた彼は物静かでとてもシャイだった。僕らに(「妹の恋人」の)手品のトリックを教えてくれたんだ。彼ならギルバートになれると思ったよ。
レオナルド・ディカプリオ 「ギルバート・グレイプ」共演者 カメラが回っていないところでも兄弟のようだった。お互いにブラザーシップを感じ、いい関係が築けたのは大きかったね。兄弟って何も言わなくても通じ合うものがあるだろ。部屋で座って、ただ一緒にいるだけで、何か落ち着くような、そんな感じだった。
ジョニーは何か狙って演技しているようではなかった。自然に彼の中から出てくるようだった。ジョニーは優しくて、めちゃくちゃクールだけど、同時に理解しがたいイメージもある。だからこそ魅力的なんだ。
そしてジョニーは、臭いものを嗅いだときの僕の表情を見るのをとても気に入って見たがってた。腐ったハチミツや腐った卵、ソーセージの酢漬けなどを嗅がせるんだ。ジョニーはそれを楽しむ代わりにギャラを払ってくれたんだ。500ドルは稼げたよ。
リチャード・コーリス 映画批評家 (「ギルバート・グレイプ」の)デップは、いつもそうであるが、スター的な押し付けがましさが一切ない演技を披露している。「シザー・ハンズ」や「妹の恋人」に負けないくらい、素晴らしい存在感でスクリーンに君臨している。
ケイト・モス 元恋人 たしかに彼はワイルドよ。でもいい意味でのワイルドなの。ほんとにいつも驚かされっぱなし。完全無欠のロマンティストで、あんな人どこにもいないと思う。ある日、「何だかわからないけどお尻の下に何かある」って彼が言ったの。それで、私がズボンの下に手をやったら、1万ドル(約1200万円)のダイヤモンドのネックレスが出てきたのよ。
フェイ・ダナウェイ 「アリゾナ・ドリーム」共演者 ジョニーは高潔な人。愛することにたいして純粋な考えを持ち続けている人よ。そうした価値観は本来持って生まれたものなんだと思うわ。頭の中で考えたものなんかじゃないのよ。愛を信じているなんて素敵なことじゃない。
ノエル・ギャラガー ロックバンド「オアシス」のギタリスト
※ジョニーはアルバム「ビー・ヒア・ナウ」の中でギター演奏している。
俺が弾けなかったから、「Fade In−Out」という曲のスライド・ギターを弾いてくれないかとジョニーに頼んだんだ。忙しい彼は演奏してテープに録音して送ってきてくれた。その後(レコーディング後)、コンサートツアーのリハーサルがあったんだけど、ジョニーと同じように弾けるようになるまで半年もかかっちゃったよ。
デニーズ・ディ・ノヴィ 「シザー・ハンズ」「エド・ウッド」
プロデューサー
(実在の)エド・ウッドは、ジョニーのようにとびきりハンサムで魅力的な男だったのよ。さらにジョニーがリスクを恐れない役者であることも重要ね。変わり者を演じても、彼ならばただの変人ではなく、役にふさわしい特別な魅力と存在感を与えてくれるでしょう。
コーリーン・アトウッド 「エド・ウッド」衣装担当者 エドが普段、男の服装のときはいかにも男性的な装いにしたの。一方、女装しているときは、男装とのギャップでインパクトをつけて違いを明らかにしようと考えた。女装のときは、ヒップとバストに詰め物をして女性らしさを演出したわ。実際にジョニーは、とても女装が似合うのよ。初めてアンゴラのセーターを着せたときなんて、思わず「すっごく似合う!すっごい美人!!」ってみんなで口をそろえて叫んじゃった。
パトリシア・アークエット 「エド・ウッド」共演者 ジョニーは素晴らしい人だわ。衣装を脱いだ彼は、自分の演技にとても厳しい人だった。それに、現場のムードメーカーで、いつも活気を与えてくれた。彼はこの作品に情熱を注ぎ、現場の吸引力になってくれた。ティム監督に負けないくらいね。彼は、衣装をつけて完全に役に入り込むと、何時間でもエドになりきっていた。私は撮影中、おかしくて笑いをこらえるのが大変だった。彼は大真面目に演技しているのにね。
キャシー・ウッド 実在した「エド・ウッド」の本物の妻 ジョニー・デップ扮するエドは、まさに私のエドそのものだったわ。
マーク・サリスバリー 映画誌「エンパイア」の評論家
(「ドン・ファン」について)
美しく整った顔立ちのジョニー・デップは、ドン・ファンにぴったりだ。デップはこの役を演じるべくして生まれた。現実離れした美しいルックスに、大きくて甘い瞳は、女性の心をとろかせるための完璧な小道具である。ジョニーには、誘惑と恋愛にまみれた一人の男の生涯を描くために必要な要素が完璧にそろっている。
フェイ・ダナウェイ 「ドン・ファン」共演者 マーロン・ブランドは憧れであり、雲の上の人であり、夢でもあった。世界中の役者にとって彼は神話的なの。そして、私が出演を決めた2番目の理由がジョニー・デップよ。ジョニーは(ブランドに)近いところまで来ているわ。ジョニーこそブランドの後継者よ。
デレク・マルコム 「ガーディアン」誌の評論家
(「ドン・ファン」について)
ジョニー・デップはハリウッドで最も実力のある若手俳優として、ブランドと見事に競演していた。まさに彼のためにあるような役を、うぬぼれも気取りもなく、ナルシシズムや大げさな演技に陥らない好演ぶりだった。
マイク・ニューウェル
アル・パチーノ
「フェイク」監督・共演者 ジョニーは彼の世代を代表する最高の俳優だ。礼儀正しくて、あらゆる意味で優しい心を持った男だよ。まず、ちゃんと演じられる俳優を選びたかった。彼は息の長い俳優だし、マイペースで仕事を選ぶ俳優だからこそ、その演技に惹きつけられる。何より、大勢の観客がジョニーの作品を楽しみにしているんだ。ジョニーはくだらない映画に甘んじるタイプではない。彼は知性的な作品に興味を持ち、出演を決めるようになった。キャリアは二の次だと考えていたようだよ。
マイク・ニューウェル 「フェイク」監督 アル(パチーノ)はすごくリラックスしていて、ジョニーへのライバル意識はまったくなかった。ジョニーは撮影開始からアルと親しくしていた。あるとき、ジョニーとアルの車中でのシーンがあった。そのとき、ものすごく大きなオナラの音がした。ジョニーが「ごめんなさい、すみません」と謝った。そして静かになると、また大きなオナラの音がした。「なんて言えばいいのか、本当にすみません」とジョニーが再び謝ると、アルが窓を開けた。3度目の音がしたときにアルがジョニーを見ると、ジョニーはブーブークッションを取り出したんだ。アルは「あんなに面白いいたずらは初めてだよ」と話してたよ。
ジョー・ピストーネ 「フェイク」のモデルとなった実在の人物 ジョニーとは一緒にジムへ行ったり、ヴァージニアのFBI養成学校を訪ねたりして、私達は長い間行動を共にしていたんだ。彼が僕の全てを知りたがったからね。僕の妻に電話して質問したこともあったよ。彼はいつも言っていた。「僕はあなたのために、あなたの役を誤解のないように演じたい。この映画と共に、あなたはずっと生きていかないといけない。だから、正しく演じたいんだ」とね。そして彼はそれを実行してくれた。私はスクリーンから目が離せなかった。演技しているというより、まるで素のままの私のようだった。私の言動をすべて覚えていて、まるでスポンジのように吸収していた。私と一緒じゃないと試写会は観ないと言って誘ってくれた。たいていの俳優はそんなことまで気にせずにお金をもらってサヨナラって感じだけどね。ジョニーはそうじゃない。素晴らしい役者だよ。
(ジョニー演じるジョーは)まるで、私そのものだった。涙が止まらなかったよ。
テリー・ギリアム 「ラスベガスをやっつけろ」監督 この作品のテーマとジョニー・デップという役者の調和に惹かれたんだ。彼にできない役なんてありっこないと思っている。すごく独創的だし、頭の回転は速いし、面白いし、何より驚くほど真面目で勤勉だからね。
ジュリアン・シュナーベル 「夜になる前に」監督 ジョニーはすべてのシーンにおいて、最高にカッコよく演じていたよ。彼にこうして欲しいと説明すると、こちらの期待通りに演じてくれた。彼の頭の回転の速さには敬服するよ。時間を割いて、僕の映画にカメオ出演してくれたことを実に嬉しく思っている。
ラッセ・ヘルストレム 「ショコラ」監督 (カメオ出演なので)登場シーンは17分しかなかったが、確かな存在感で主演男優としての風格を表していた。彼の演技には感心させられるよ。常にいい趣味の選択をするし、正確だし、何よりも彼自身が魅力的で優しい男なんだ。映画の中で2曲もギター演奏もしてくれて、ジョニーは申し分のない俳優だ。
テッド・デミ 「ブロウ」監督 (麻薬ディーラーの第一人者である実在の人物の)ユングを演じる役者は、個性的で人間の最もダークな部分を掘り下げることのできる俳優で、頭に浮かんだのはジョニーしかいなかった。ジョニーは唯一無二の役者だ。撮影初日から役に入り込み、どんなときもいい加減に演じることはない。その絶妙な演技にはいつも驚かされていたよ。役者としてだけでなく、一人の人間として、ジョニーは申し分ない直観力を持っているんだ。
ジョエル・スティラーマン 「ブロウ」製作者 ユングの繊細で聡明な部分を表現できることがキャスティングの条件だった。ジョニーは見事にやり遂げてくれたよ。彼は自分の演じる役柄に知性を吹き込み、予想以上に素晴らしい演技を披露してくれる役者なんだ。
ロバート・ロドリゲス 「レジェンド・オブ・メキシコ」
監督
CIAの悪徳捜査官のサンズは非常にきわどい役だから、それを喜んで引き受けてくれる役者なんてそういない。CIAで働きながらも嫌われ者で、不本意な場所に配属された不満たっぷりの男。ジョニーはこの役を演じきれた数少ない俳優の一人だ。不思議なことに、ジョニーがどんなに極悪人を演じても、どこか好感が持てるんだ。サンズがどんなにかっこ悪くても、心底堕落した奴でも、ジョニー自身がいい奴だから、共感の持てるキャラクターに仕上がったんだ。僕はこのサンズ役が脚本の中で一番気に入っている。ジョニーがこの役を引き受けてくれたおかげで、サンズはまた違う境地に達した。
デヴィット・コープ 「シークレット・ウィンドウ」
監督&脚本
この脚本はジョニーをイメージしながら書いたんだ。「出演してもらえないか」とまずは手紙で出演を打診したんだ。OKをもらったときはワインを開けてお祝いしたよ。
彼は素晴らしい俳優の一人で、独創的で、作品ごとに別の顔を見せてくれる。今までの彼のキャリアを通してぜひ一緒に仕事がしたいと思った。彼は一瞬の真実や動作を逃さず体現してくれる。観客を意識し、どこに共感するのか計算しながらね。だからこそ、主人公の気持ちや個性が観客にしっかり伝わるのさ。ジョニーの役選びは自発的で型破りなところもあるが、常に何らかの結果を出している。本当に恐れ知らずの俳優だよ。特に今回の主人公は、恐怖を演じる大胆さが必要だった。ジョニーのような俳優は滅多にいない。彼が出演に応じてくれたときは身震いがしたよ。
     
     
    以下、準備中 順次アップします。

ジョニー語録<映画・仕事編> へ
ジョニー語録<ポリシー・愛・自分自身編> へ
 

I prohibit a copy / a save / a rink to stop at from being similar without permission.
無断による転載・引用・コピー・リンク・保存等は固くお断りします!



管理人お勧めの非常に便利なツール等の紹介です(サイト維持にご協力をお願いします!)

DVDをワンクリックでコピーするならこれしかありません!(いくら最強でも違法コピーは禁止です)
まずは登録不要の無料のお試し版でその威力をお試しください。(anyDVD と cloneDVDの2つのSWが必要) 
slysoft-banner-101-ja-468x60.gif  

翻訳ソフトの決定版です。マウス操作ひとつで辞書引きから翻訳までOK。
まずは登録不要の無料のお試し版でその威力をお試しください。
 
untitled.bmp


楽天で探す
楽天市場

 このHPは個人の趣味で作ったものです。
Johnny Depp本人及び所属事務所とは関係ございません。 

アクセスログ取得しています!




 

TOP

I prohibit a copy / a save / a rink to stop at from being similar without permission.
無断による引用・コピー・リンク・保存等は固くお断りします!