TOP

The Johnny Depp World
〜ザ・ジョニー・デップ・ワールド〜
<ジョニー・デップ海賊団>


佐藤友紀さんの講演 ジョニー・デップ新世代 〜私が出会った映画人〜◆レポート

2007.7.7
By:ラゲッティさん

 


 極秘潜ルポ完成しました。

 7月6日  映画やミュージカルに造詣の深いジャーナリスト佐藤友紀さんの講演 
<ジョニー・デップ新世代 〜私が出会った映画人〜 >新宿:住友ビル 19:00〜に行ってきました。

 当日は夜7時開演だったので、少し早めに到着し、新宿の街をぶらぶらしておりました。
そこで思わぬ大事件発生です。なんとこのラゲッティ 新宿警察に身柄を拘束されてしまいました。(汗)
 確かに、長身 ロン毛 レザーカフ、ジムスカルリング、コインチャーム、首にスカルのチョーカー 等など と外見怪しいのですが...。(実はただの一般サラリーマンですのでご安心を)さらに腰にあるものをぶら下げていたために不審人物として身柄拘束までに発展してしまったのでした。
 まさに”被疑者 確保!!”って感じ。(ここ 頭の中で踊る大走査線の音楽流してくださいね。いつも以上にやけに警官が集団でうろうろしていたので、何かの事件に関連していたのかもしれません)警察署まで同行を求められ、3人の警官と共にパトカーで新宿署へ連れて行かれました。パトカー出発と同時にドアはロック、パトカーを降りるときは警官が空けたドア側から降ろす念の入れよう。(まあ基本なんですけど、おいら逃走したりしないっちゅうの 何者と思われてんの?)
 そして組織犯罪対策課かなんかの取調室へ。(ちなみに ライトで顔を照らされることもなく、カツ丼も食べさせてくれず そこは期待はずれ あー残念!?)あっさりと嫌疑が晴れ(当然なんだけど)、何事も無く無事解放されたのは開演時間直前でした。警察にお世話になったのは高校のときに竹芝桟橋でタバコを吸っていて警察手帳見せられたとき以来かな..。その後もあったか..。まあとにかく 新宿 恐るべし。いや おいらが恐るべしなのか?

 ということで、非常に貴重な体験の後 開演直前の会場に着いたときにはほぼ満席状態。
 おば様方 もとい おねえ様方の多いこと多いこと。しかも 男性の姿ほとんど無し。
 ぱっと見 男性は3人。自分、若目の兄ちゃん、かなり高齢のおじ様 です。
 当日おられた方がこのレポを読んだらおいらの面が割れてしまいますね きっと。
 この雰囲気の会場で長時間待つのはおいら的にはかなり辛かったと思うので、かえってぎりぎりに行くことができてよかったと思いました。ありがとう新宿警察!(本当か?)
 と思っているうちに 佐藤さん ご登場です!パチパチパチ。

 簡単な挨拶の後 講演開始。顔なじみの方も多いようで、友達というか 同じジョニーファンというスタンスで 非常にフランクな感じでお話を進められて行きました。
 
 話は前回の公演内容を踏まえたものも含まれますので、こちらで前回のレポをご覧になってから私のレポを見ていただければと思います。当日行かれなかった方の為に、細かい話も書こうと思いますが、何分私に映画の関連知識(映画名、監督や役者の方々の名前等)が不足しているので、間違った記述や抜けていることも多々あると思いますが ご容赦ください。(当然講演の録音は禁止なので、おいらのきたないメモ書きからレポを起こしているので内容が非常に怪しいのと、話がうまくつながっていないところがあります。すこしでも情報を多くしたかったので全て書きましたので、間違ってること言ってったら佐藤先生ごめんなさい)

 
 他の方のブログなどに直リンすると失礼なので、検索キーワードでリンクしておきます。
       
 <※管理人注:新たなページを開き下記のURLをコピペしてご覧ください。「part1&part2とpart3」のレポです!>
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3+&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt

http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%B8%A5%E7%A5%CB%A1%BC%A1%A1%BA%B4%C6%A3%A1%A1%B9%D6%B1%E9&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1


 まず話は今回のジョニー来日にまつわる話から始まりました。
 当日 佐藤さんはカンヌに行かれていたので、残念ながら日本にはいらっしゃらなかったそうです。(今回のように映画公開直前の来日の場合だと、映画配給会社は雑誌のインタービューなどを珍重せずTV取材のみをいれてしまうそうです。(速攻性のある宣伝が必要だから)ということもあり、カンヌに行かれたようです。カンヌはジョニーとの出会いの地でも有り、ジョニーもカンヌを選んだことを賛成してくれるはずだというようなことも言われていました。)

 ただ、戸田奈津子(ご存知 字幕翻訳&通訳でご活躍)さんに今回は失礼することの伝言を頼んでいたそうです。
 結局それを伝えるような時間は無かったようなのですが、戸田さんは非常に律儀な方で、ジョニー帰国後 直筆のFAXで今回の来日に関することを報告してくれたそうです。(佐藤さんのカンヌ宿泊ホテル等は知らせていなかったのに、わざわざ調べてFAXしてくれたそうです)そのFAXには ドタキャンで1日早く帰国してしまったことなどが書かれていたそうです。

 ジョニーは遅刻することはあっても(有名ですねこれ)そのようなことをするのは非常に珍しいとのこと。
 以前 ロスの The Standard Hotelでのインタビューの際 ジョニーがいつまでたってもこない事があったそうです。
 実は The Standard Hotelの上層階に ジョニーの自宅のひとつがあるそうで、同じ場所だったのでインタビュー前に自宅に帰ってゆっくりして寝ちゃっていたそうです。でも結局は来てくれたようで、遅刻はしてもドタキャンするような人ではないということを強調されていました。

 今回のキャンセルに関して 佐藤さんは あまりに詰め込まれてしまっていたTVのインタビューに原因があるのではと想像しているとのことでした。(リリーローズちゃんの誕生日に関しては何も言われていませんでした)
 日本のTVのインタビューは全て同じ質問になってしまう。(インタビュアーが自分で質問を考えるのではなく、ディレクターが考えるのも要因)日本の印象はどうですか?日本のファンはいかがですか? などなど いつもお決まりのフレーズ。そのようなインタビューが60も入れられていたそうです。TVで使われるのは1分とかでも、収録には 4、5分かかってしまう。それがずらっとあってうんざりしちゃったんじゃないかな とのことです。
 ジョニーは同じ質問をされても 毎回違う答えを返すように努力してくれるそうで、これはいつも聞くほうのファンの立場を考えているためであり、ジョニーとはそういう人だという話もされていました。それだけに 山のようなインタビューは相当気が重かったのかな。

 すぐに帰ってしまったけれども ちゃんと大好きな買い物はしたようで、(雑誌の記事もありましたね) 珍しいところでは 銀座 鳩居堂 に行ったとのこと。日本の書道、水墨画、和紙 に非常に興味があるそうです。
 ジム・ジャームッシュ(デッドマンの監督)なんかも非常に和紙に興味を持っていて、人の影響を素直にうけるジョニーも影響されたんではとのこと。
 そもそもジョニーの人生は 学校の勉強で学ぶというより、ストリートで学ぶといった感じ。本も学生時代に読んだというより大人になってからたくさん読んでいる。そうやっていろんあ影響を受け役柄を広げていったひとだからね という話もされていました。


 それと日本の報道で、ビリーズブートキャンプをやっているというのがあったことに触れられ、どうもうそ臭いなーとのこと。そんこと聞いたこと無いし、ありえないと思うそうです。

 〜 仕事をしていないときは ダラーっとしているそうで、留守番電話にメッセージをいれても返事なんか帰ってこないような人だ。佐藤さんは 電話番号を聞いているそうです。電話しても変な声の留守電らしいですが。(詳細は前回講演内容参照)ところが、リリーローズちゃんの病気の後、電話をしたら "can't this call now"というメッセージしか聞こえなくなってしまったそうです。番号が変ったのか、使えなくなったのか 佐藤さんとジョニーをつなぐこの一方通行の細い線がなくなってしまったのかと 不安だったそうです。英語の詳しい友人に聞くとこれは留守録内容がオーバーフローした時にでるメッセージではないかと聞き、一安心したそうです。〜

 そもそも体を作るようなことをしたと自己申告で聞いたのは フェイクの時だけ。体を無理やりつくるような人工的なことはしない気がする。でも役に合わせて何でもやる人だからもしや という気持ちもあるそうです。

**ここで フェイクの映像が上演され 逞しいジョニーのお体を 皆で鑑賞**

 役作りといえば、ジャックスパロウの役つくりにキースリチャーズを参考にしたのは非常に有名。でもこれは外見や歩き方の話。 戦闘シーン(剣で戦うところ)はモハメド・アリ(伝説のボクシングチャンピョン)を参考にしたということをインタビューで聞いたそうです。(キースリチャーズの話はよく紹介されているけれども、アリの話は誰もしていない。私のインタビュー内容をパクられるのも困るけど 全く無視されているのも少し寂しい というようなことを言われていました)アリの戦い方 ”蝶のように舞い蜂のように刺す” というを参考にしていて、それはワールドエンドでのデヴィジョーンズとの死闘のシーンにもよく現れていると思う。ダンスを踊っているように戦い、最後に一撃を繰り出すといった感じ。といった話をされました。

**ここで ワールドエンドの長めの予告編が上演 ワールドエンド展で流れていたものだと思います **

 ワールドエンドに関連して ペケット卿役のトム・ホランダーの話から ...
 イギリスで非常に評価の高い舞台役者。(おいらも映画を観て彼はすごくいいと思いました)パイレーツのような荒唐無稽(?おいらはそう思いませんよ佐藤先生!)な話は ちゃんと演技ができる人がやらないとどうしても陳腐な映画になっていまう。だから、ジェフリーラッシュ やジョナサンプライスが配役されているのに納得。でも 舞台とは全く関係ないジョニーのような人が その人たちを凌駕する演技をしている 彼の演者としてのすごさ 役への命の吹き込み方がすごいと思う。とにかくジョニーは同業者から尊敬をうけているような人だから。

 それと佐藤さんのお考えでは パイレーツシリーズは一応これで終わりなんじゃなかな とのことです。ジョニーはこれで名声やお金は得たけれども 失ったものも多いはずとのこと。例えば 当初ジョニーが主演するはずだった フランス映画 「潜水服は蝶の夢を見る」(フランス「エル」誌の編集長ジャン=ドミニク・ボービーが 突然の脳出血で全身不随になる。脳は生きているが体が動かない状態。その後看護士さんのアイディアで唯一動かせる左目のまぶたを使って会話をすることをマスター。そして左目のまぶたの動きで綴った手記を元にしている。)これはジョニー自身がすごくやりたかった映画で、せりふも全てフランス語でやる覚悟だったそうですが、ディズニーとの契約で髪や髭を切ることができず断念したそうです。こんなこともあり、ジョニーはパイレーツに縛られた数年間だったはずとのこと。
 同世代の俳優が多方面で活躍する中(例えば ブラットピット オーシャンズシリーズをやったり、バベルをやったりしているかと思えば マイティハートではきちんとプロデューサー業をこなす)、彼はパイレーツ3部作にしばられていてどうだったのか?一度付き合いが切れた今どう思っているのか? というのが佐藤さんがパイレーツシリーズはこれで終わりなんじゃないかと考えられている理由だそうです。
(おいらはパイレーツは終わらないと信じてます)

 話は ジョニーの次回作映画 スウィーニートッドの話へ。
 (リリーローズちゃんの病気で撮影中断の話など)

スウィーニートッド:
19世紀イギリスに実在したと言われている殺人理髪師スウィーニー・トッドをモチーフにしたミュージカル。話題のミートホープ社も真っ青な話(会場大笑)。あることで復習心に燃えたスウィーニー・トッドは、理髪店の店主になり 髪の毛の代わりに客の喉を切り裂き、利害の一致した肉屋ラヴェット夫人にそれを渡して処理、夫人は人肉を材料にミートパイを販売して評判になる……といったブラックユーモアたっぷりの作品だそうです。
**ここで スウィーニートッド ブロードウェイのオリジナル ビデオ上演 **

 佐藤さんはティム監督の作品としては悪くない素材だと思っていると高評価。特に美術のダンテ・フレッティに期待されているそうです。19世紀ロンドンのシーンは見ごたえあるはずとのこと。ただ唯一気になるのが、監督のティムの公私混同(笑)(自分の奥さんを肉屋ラヴェット夫人役に抜擢)とのことでした。

 ここで日本で以前公演された宮本亜門さんのスウィーニートッドでの 大竹しのぶさんの演技にも触れられ、彼女のミュージカルにかける意気込みを買われていました。実は彼女はミスサイゴンのオーディションを受けていたという裏話も。(本田美奈子さんのやった役)年齢がネックだったようです。日本のミュージカルは歌ができる人で配役してしまうので、どうしても歌手の人が配役されてしまう。ミュージカルは演技ができる人でないといけない。歌はせりふでなければいけないといった話をされました。(なんとなく納得であります)

 それでジョニーがはじめてのミュージカルをどうこなすのかが大変楽しみだそうです。歌をちゃんと全部歌うのか? せりふである程度ごまかす方向に逃げるのか?
いいオリジナルの歌がたくさんあるので全部歌って欲しいなという気持ちだそうです。ただ、この辺の情報は全く漏れてこないのでどの様にできあがってるかまだわからないとのこと。それと最近ミュージカルを題材にした映画が多いとのことで、ヘアスプレー、マンマミーヤ、ドリームガールズ等の話をされました。スウィーニートッドもできがよければショーを狙える作品になるはずとのことでした。

 スウィーニートッドの次の仕事としては 1.Shantaram、2.なんか歌手の映画?良く聞き取れずすいません(これもサイン済み?らしいです)、3.リトビネンコ(昨年話題になった殺されたロシア諜報員) が予定されているようだ。佐藤さん的には リトビネンコの話は?だそうです。ただ今年の後半は家族サービスに徹すると公言しているそうです。(そんなこと言わないで働けと言ってました(笑))ブラットピット等と違って同業者とつるんでなにかやるといった仕事があまりない、これがジョニー流なのかもねとのことです。ただまた自分で監督をやることはあきらめていないそうです。
  
 ジョニーの今について。彼はEメールを一切やめてしまった。だから鳩居堂ではがきをいっぱい買ったのかな?以前 佐藤さんがすずりをプレゼントされたそうですが、そのとき熱心に使い方を聞いていたそうです。どんどんアナログな方向に向いていってるなという印象だそうです。以前インタビューでカリブ島を買ったことについて、買ったことは傲慢にきこえるかもしれないけど、何も無いところで 自分の手や感覚とかでしか考えられない場所にいるとすごく自分が謙虚になれるんだ といった話を聞かせてくれたそうです。"売れなくなったらギター弾きにもどればいいんだから”といったことも言っていたそうです。
 現在はリリーローズちゃんの学校の関係で、基本的にロスに居るそうです。(さきほどの話のThe Standard Hotelの上)。子供って年をとるにしたがって親のライフスタイルを
変えていくからおもしろいとの話も聞いたとか。さすが家族最優先のジョニーだなー。

 それと来日の時の何枚かの写真に、ジョニーの後ろのほうでジョンハリスっぽい人が写っているらしいんですが、それがジョニーのお姉さんだそうです。彼女はっずっとジョニーのアシスタント的な仕事をしていて、表には出ずにずっと影でサポートし続けているそうです。(この人のサポートのおかげでジョニーは気持ちよく仕事ができている)母がネイティブアメリカンであることはジョニーを見てもあまりわからないけれど、お姉さんの顔からは良くわかりますねという話をされていました。


**ここで 佐藤さんとインタビューした際のジョニーの写真を見ながら ***
 
 ファッションについての話。
 ゲバラのペンダントしてますねー とか。
 ゲバラに関連しては、ジョニーがあこがれたり尊敬したりしている人は一貫していて、とにかくフリーな人が好きですねー。
 日本でもジョニーファッションをマネしている俳優さんとかいますけど 全く様になりいませんねー とか。(おいおい佐藤先生! 今日 プチジョニーファッションできてしまったおいらの立場は?? おいらは会場の隅でめちゃ小さくなってしまいました。)
 ジョニーが目指しているのは スペシャルビューティーだという話。年齢なんて関係なくどんどんかっこよくなっていくみたいな。(これだ おいらの目指す姿は!!)

以上で講演レポはおしまいです。以下は質問コーナーの質疑応答です。

 ”質問ある人いますかー”の声にだれも反応せず、"男の人が来てますねー”みたいな感じになりました。男性でジョニーファンの方がいるとうれしいとかなんとか。やばい おいらの一番 不得意なパターンだよ!と思ってたんですが、若目の兄ちゃんが目を合わせてしまったようで餌食になってくれました。彼がジョニーを好きになったきっかけなんかを話してました。フーッ危ない危ない!新宿署の取調べ室より緊張したぜ 全く!  さあ気を取り直して 以下質問コーナーです。



<質問1>ジョニーがピラティスをやってると聞いたんですが本当ですか?買ったピラティスの本に書いてありました。恐らくこれ http://item.rakuten.co.jp/book/1745377/

<佐藤先生> わからないし想像がつかない。まだビリーのほうがいいかも。今度聞いてみます(笑)


<質問2−a>日本で気にいっている食べ物はご存知ですか?雑誌とかを見ると フレンチとかイタリアンの話しかないんですが?
<佐藤先生> ワインは相当好きみたい。フランスに移ってから特になのかも。デッドマンで来日したときに 青山のuraku(http://www.urakuaoyama.com/)に宿泊していたんだけど、そのときに年配のアシスタントの人が青山3丁目の交差点近くのハンバーガーショップにハンバーガーを買いに行っていたらしい。(バーキンかウェンディーズかしらないけどマックじゃないやつだったそうです)ジョニーはハンバーガーが大好き。
 日本にきた時もいろいろ食べに行っているようだけど、自分で何か食べたいって言うような人じゃない。ジェリー・ブラッカイマーのリクエストなんじゃないかと思う。出されたものを給食のように食べてたんじゃないかな(笑)。ケンタッキー フロリダの出身だからハンバーガー見たいな物が大好き。 
<質問2−b>今度 日本食を薦めてください。
<佐藤先生>ファンの人のプレゼントは絶対持って帰るみたいだから渡してみれば?コアラのマーチを渡したことがあるけど、リリーローズちゃんがすごく喜んでくれたらしい。海外にはああいった凝ったお菓子が無いから喜ばれるみたい。でも最近 リリーローズちゃん病気になったばかりだから食べ物のプレゼントはNGかもね。


<質問3>来日したとき、ぼろぼろのブーツを履いていましたが何かご存知ですか?
<佐藤先生>単純に好きみたい。アメリカの雑誌のファッションチェックみたいのではマイナス採点されてる。

<質問4−a>以前佐藤さんがジョニーからTシャツをもらった時、その匂いからどのようなコロンだったかわかりますか?(前回の講演内容レポを参照してください。なんと佐藤さんはジョニーが自分が着ていたバイパールームのTシャツをその場で脱いでプレゼントされてるんです。そのとき石鹸系の香りがしたとか)
<佐藤先生>しいて言えば、ホスト系の香りではなかった。(笑)石鹸系のコロンの香り さわやか系でムスクでもない。
<質問4−b>今度聞いてください。
<佐藤先生>でもそんなの聞いたら人に教えるわけ無いよ(笑 確かに!)でも自分でも銘柄なんて知らないと思うよ。周りの人が用意してるんじゃないかな。

<質問5>シン・シティ続編に本当に出演するのでしょうか?
<佐藤先生>スケジュールが合えばでるんじゃないのかな。

<質問6ーa>ヴァネッサと遂に結婚するという噂がありますがどうなんでしょうか?

<佐藤先生>ヴァネッサはフランス人だから結婚にこだわらない人みたい。
<質問6ーb>リリーローズちゃんの病気をきっかけに結婚を考えたとの噂ですが?結婚したら佐藤さんも呼ばれるのでしょうか?
<佐藤先生>私とジョニーの関係は1本の細い線だから。それとジョニーは良くMy girlsとか My angels  って言うんだけど これは複数形だから リリーローズちゃんとヴァネッサの両方を指している。(そういう関係だ)1度結婚してるし、本人もどうでもいいと思ってるんじゃないのかな。

 それとパイレーツ1ではジャックスパロウとしか呼ばれていなかったのに、3のワールドエンドではジャッキーと呼ばれてたのに気がついた?これって愛すべきジョニーのキャラクターが反映されてるってことだよね。

<質問7>眼鏡の話(眼鏡で 目が見えないのが残念)
<佐藤先生>インタビューのときカメラマンがハレーションを起こすから眼鏡外すようにリクエストしたことがあるんだけど、これは光が写り込まないように加工してあるから大丈夫と言っていたよ。それでもリクエストしたら、見えなくなっちゃうって言ってたから近眼なんだと思う。

<質問8>私はリバティーンを見て衝撃を受けました。でもこれって興行的にはこけたんですか?
<佐藤先生>小さい映画会社だったから、いかにジョニーをもってしてもって感じ。時代物ってもともとだめなんだよね。ワールドエンドなんかも私はすごくよかったと思うけどアメリカでは思ったより伸びなかったみたい。これはストーリーが複雑だったせい。ポップコーン食べながら映画観る人たちだから(笑)。
 ワールドエンドは処刑台のシーンから始まったりして良かったけど、アメリカ人はだめみたい。明るく元気じゃないと。ワールドエンドはパイレーツの中で一番ジョニーっぽい作品になったと思う。

<質問9>ブレイブは興行的にはNGだったようですが、これがジョニーにとってトラウマになったりしているのでしょうか?
<佐藤先生>ジョニーも限界を感じたかもしれない。でもあきらめてはいないと言っている。またお兄さんとやるのかな?ところで このお兄さんって実在するんだろうか?クレジットにも頭文字しか入ってないんだけど。だれかインターネットの情報とかで知らない?

<質問10>佐藤さんがジョニーを好きになったきっかけは?
<佐藤先生>エルム街と言いたいところだけどね。(笑)クライベイビー、シザーハンズとか アリゾナドリーム デッドマンあたりでやられたかな。(すいませんこの辺 おいらのメモが不鮮明で不明です)淀川先生なんかはかなり前から評価されていた。もう一方の重鎮 蓮實重彦さんは"ジョニーデップは女だけのものではありません”とか言われていた。(んー確かに でもこの発言じゃ まるでホモっすね。おいらはそんな感じでは無く好きなんだけどな)

 ワールドエンドではラストシーンでジョニーが小船に乗るシーンがあるけど、あれは引いて写してるときはスタントマンのはず。でもデッドマンの最後に小船に乗るシーンは全部ジョニーがやっている。スタッフは300mくらい離れたところにいたらしい。このころの人間臭い映画作りがいい。


 その他

・戸田奈津子さんのFAXに書いてあったそうですが、今回ジョニーが帰るとき、次はスウィーニートッドでティムと来るから と言っていたそうです。一部雑誌にもかいてあったようですが、年末来日決定なのかな!?!! 一年に2回も来てくれるんでしょうか?
・最近の映画紹介の雑誌に載っている写真は映画会社が指定したものを使用するそうで、わざと同じもの使用しているそうです。(サブリミナル効果を狙っているそうですが、つまらないですね これじゃ)

・これからもジョニーのインタビューがとれるかはわからない。以前はジョニーが指名してくれたからすることができた。配給会社が大きいとさらに難しくなる、ちなみにスウィーニートッドはワーナー(?)だそうです。


 以上です。 ラゲ 疲れました,,, 

 ラゲッティは死んでもメモを離しませんでした(これわかる人 船長以外にいるのかな?) って感じであります。
 船長! これで班長の座は キープできたでしょうか?

            
        ラゲちゃん、すっごい膨大なメモを取ってたんだね!!
        さすがは、レポ隊の隊長さん^^ 
        とっても楽しく読ませていただきました♪ありがとうございました!!
                                   By:KAKO船長

 






当サイト内の記事・情報・レポ・画像・イラストなど、一切の無断持ち帰りを禁止します!
 無断転載・無断配布・無断引用を固くお断りします!

I prohibit a copy / a save / a rink to stop at from being similar without permission.
無断による転載・引用・コピー・リンク・保存等は固くお断りします!



管理人お勧めの非常に便利なツール等の紹介です(サイト維持にご協力をお願いします!)

DVDをワンクリックでコピーするならこれしかありません!(いくら最強でも違法コピーは禁止です)
まずは登録不要の無料のお試し版でその威力をお試しください。(anyDVD と cloneDVDの2つのSWが必要) 
slysoft-banner-101-ja-468x60.gif  

翻訳ソフトの決定版です。マウス操作ひとつで辞書引きから翻訳までOK。
まずは登録不要の無料のお試し版でその威力をお試しください。
 
untitled.bmp


楽天で探す
楽天市場

 このHPは個人の趣味で作ったものです。
Johnny Depp本人及び所属事務所とは関係ございません。 

アクセスログ取得しています!




レポート目次へ

TOP