TOP

レポート目次へ

The Johnny Depp World
〜ザ・ジョニー・デップ・ワールド〜
<ジョニー・デップ海賊団>


◆ジョニー海賊団 カリブの海賊潜入レポ◆

2007.9
By:
やむさん
 


 

<「東京ディズニーランド・NEWカリブの海賊」潜入レポ>
9月某日木曜日、遅ればせながら行って参りましたTDL!
同じくPOC/ジョニー大好き仲間の友人と二人で向かったTDL、もちろんお目当てはNEW・カリブの海賊!(と、NEWスペースマウンテン。すいません、好きなんです)
入場後、暗黙の了解で真っ直ぐカリブの海賊へ向かう私達。
おおお、この中に我らが名誉船長がいるのか!後光がさしてみえるのは太陽光のおかげではあるない、多分。(…)
 
入り口を見上げるとロゴと共に海賊旗が4本! ロゴも映画仕様に一新。
どれどれ、どれが誰の旗なのか見てみましょう。
バルボッサ、ビジャヌエバ、ジャック(の割には赤い小鳥が見えませんが…)…、
あの赤い旗、なんじゃ?(…)
記憶の棚を掘り返そうとするうちにみるみる中へ誘導されるワタクシ。な、情けな…
 
入場すぐでしたら大体5〜10分ほどですぐにアトラクションに乗れたと思われます。
ところで皆様、建物の中に入りますと、壁に何枚か絵画が飾られているのにお気づきでしょうか。
なんと、その中の一枚にジャック船長の絵が!
まあ、その絵の出来ばえといいますか、どれだけ似てるか似てないかは、どうぞご自分の目でお確かめ下さいませ…ちなみに私は「……」と絵の前で沈黙した一人です。(笑)
他にも色々と絵が飾られておりますので、列に並ぶ際は、お友達との会話も良いですが建物の装飾にも目をこらすと良いかもしれませんね。なぜなら皆さん、我らの夢の航海は既に始まっているのですぞ!アトラクションだけが我らの使命ではないのですぞ!
 
で。
このアトラクション、リニューアルされるにあたり新しく注意されるようになったルールはズバリ「フラッシュ撮影の禁止」。
はい、これを聞いて何人かの方はお思いになるかもしれませんね。
 
「じゃあ、フラッシュさえたかなきゃいいのか?」
 
まったくそんなひねっくれた考えなんてしおって! え、私? ああモチロン考えたさ!(…)
と、いう訳で従業員さんに確認。
やむ「大丈夫です、フラッシュOFFです(ぐっ)」
従業員「ああ、はい、それなら」
いいんかい!
でも確かに、なぜフラッシュ撮影が禁止されるのかというと、その理由は「光の反射でアトラクションが見えにくくなるから」。
他のお客さんにまで迷惑をかけてはいけないですものね。
 
話を戻します。
なんせリニューアル後初カリブですので、どうせなら一番前で見たい!と友人と熱望していたのですが、なんと偶然は運命に変わり(自意識過剰)一番前に!
 わくわくしながらいざ、航海スタートです。
 
暗い海の中を進み、まず最初に頭上で出迎えてくれるのはジャック仕様バンダナをつけたガイコツ。
「もう来た道は戻れないよ、戻ろうったってもう遅い。くれぐれも注意しないと、デイヴィ・ジョーンズに呪いをかけられちまうぞ」
といった感じのお言葉でお出迎え。
うーん、ご忠告ありがとう、行ってきまーす。
 
そして次に私達を出迎えるのは宝の山にかこまれたガイコツ。
皆さん、ここでよーく目をこらして見てみましょう! 山ほどのお宝の中にはもちろん定番の金貨が。
さあ、この映画で金貨ときたら。
もう答えは一つですね。アステカの金貨がありますよ!
一枚位、分けてくれたって、いいんじゃないだろうか(おさえて)。おっと、思わず欲望の本音が。
 
さあ、そろそろ映画のキャラとのご対面はないかしら? と思っていると、進行方向にある霧の中に突然現われたのはデイヴィ・ジョーンズ! さっきのガイコツちゃんは親切に日本語で話しかけてくれましたが、デイヴィはなんせデイヴィですものそんな甘えは通用しませんぜ、さあかかってきなさいデイヴィ・ジョーンズ! あなたのセリフを一言一句とも漏らしはしないわ!
 
……。
 
「デイヴィ・ジョーンズ」しか聞こえな かっ…(白目)自己紹介だけかよ自分よ!!orz
さあ、次にいきましょう。(ごまかした)
 
不思議なトリックで現われたデイヴィとお別れし、次に出迎えてくれたのはバトル真っ最中で何やら忙しそうな感じのバルボッサ!
進行方向正面から左にかけて登場します。やっぱり何て言ってるのかは分からんがとりあえず「キャプテン・ジャック・スパロウ」て名前だけは聞き取るのに成功(…)
さて! 丁度この時、BGMで誰でも「ああっ!」と反応し感動しちゃう、映画のサントラが流れます。
その曲が何かは、言わずもがな…ハイ、これは是非、皆さん現地で聞いて浸ってくださいね^^
 
そしてしばらく進行方向向かって右。とうとう! とうとう!!
我らがキャプテン・ジャック・スパロウが!
た、立ってる! なんか一人キョロキョロしてるよカワイイな!!(只今興奮のあまり人格崩壊中につき注意)
「オーディオアニマトロニクス」と呼ばれる類のロボットだそうですね。
動きもなめらか、よく似ていますし、ジョニー本人がこの出来に驚いたというのも実に納得できます。
次にジャックが登場するのは進行方向向かって左。樽の中からこんにちは! 樽から首を出してきょろきょろ。
うーん、この首の捻り方も、映画のジョニーの演技を彷彿とさせます。
 
さてさて、2箇所ジャックで出てきたトコロで提案を一つ。
このアトラクション、正直あんなに長く工事してた割には随分前と変わってないなという印象を抱くのも確か。
ナゼなら、リニューアルより前の物もいまだ数多く使われているからなのです。
しかあし! その「今までにもあったモノ」も、映画の内容を踏まえれば「なるほど、これは…」と重ね合わせ、映画キャラが出ていないトコロでも楽しめる事が可能になります。
先述のお宝の中にアステカの金貨があった、というのもその一例。
他にも
・ガイコツの飲むお酒が骨を通して見える…もしやこれは1作目のあのシーン?
・あれ、ここはポートロイヤル?
・鍵をくわえた犬コロが!
・あっ、ここはトルトゥーガだ!
・あれ、馬の横で酒を持ち寝転がる男が…あなたは、まさか…(笑)
と、映画のシーンを連想させる箇所が沢山です。是非皆さん余すトコロなく楽しんで!
 
さていよいよアトラクションも大詰め。進行方向向かって右、お宝をゲットし喜びの歌を口ずさむ船長が!
さあ皆さんもパソコンの前でご一緒に。さーんはいっ
 
♪よーうほーうよーうほー、あぱーいれいつらいふふぉみー♪
 
こちら、椅子に座るジャックの横にはあのオウムもご一緒してます! こちらのオウムも、可愛くて必見です。
このシーン、長く見られるか短く終わるか、それはお客さんの乗ってるボートそれぞれの運によります。
例えば、既にアトラクションを終了したお客さんがボートから降りるのに少し手間取ってしまった場合。
その分、自分達が降りるのも遅くなりますので、ジャックの前に留まる時間は長くなります。
一方、ボートがスムーズに降りる場所へ到達出来る場合。
案外早くジャックの前をスルーしていきます。(涙)
いや、どれも一度は軽くストップしてくれるんですがね…しかし余韻ってもんがさ、ある訳でさ…(ぶつぶつ)
ちなみに、ボートがジャックの前で一時停止する際、最も見やすい位置にいるのが一番後ろの席! ジャックの真横で止まります。
 
アトラクションを終え、その足で向かったのはグッズ売り場! パイレーツグッズが沢山です。
カレンダーやグラス、ジャックの銃にサーベルなどなど。100円の銅メダルもまだまだ健在。
映画をもとに作られたのかは分かりませんが、オウムのぬいぐるみも。
なら、ジャック・ザ・モンキーのぬいぐるみも出してくれ…買うから。私買うから。映画の可愛さを再現してさえくれていれば。
 
あの園内でもよく見かける髪飾りも付いたバンダナキャップはおよそ2600円。
これ、手に取ってよーく眺めてみましたが、柄の点では某大手おもちゃショップで配布されていた物の方がよく再現されているかなあ、という印象でした。
長さはTDL版の方が長かった様に思いますが、バンダナという性質上、自分で巻く事には変わりありません。
それで髪飾りがつくにしたって、この値段かあ…なら無料で配っていた某大手チェーンの方が、と私は思ってしまったのが正直なトコロ。
船長の帽子にミッキーの耳がついた帽子もありました。お値段はバンダナとそんなに変わらなかった気がします。
 
また、私が思わず笑ってしまったのは、パイレーツ仕様セサミソーセージ。
パイレーツ仕様といっても、包んであるビニールの表面にジャックが大きく、裏面にジャックとウィルが小さく印刷されているだけの事なんですが^^;
結構長ーいソーセージでしたね。お値段の方も確か1本200円位と手頃だった気がします。まあ所詮はセサミソーセージだしな…
ポップコーンもいいけど荷物軽くしたい、ちょっと待ち時間中に小腹満たしたいけどポップコーン食べるほどでもない、という方は1本買って園内でパクつくのもいいかもしれません。
 
そんな私が迷わず購入したのはチョコフレークバー!
このお菓子の箱、なんとジャックが印刷されスカルが刻まれた金塊!
海賊としては心踊るパッケージ。中を開ければ一つ一つジャックとロゴがプリントされた袋に個装されたチョコフレークバーが12個入っています。味も美味。
お値段は箱に缶を使っている訳でもなく紙で出来ている為か、(ディズニーの割には)手頃の600円。
決してかさばらないとは言えませんが、箱の形も長方形と荷物を整理する際に扱いやすく、中の個数も多すぎず少なすぎずで丁度いい感じですし、何より缶ではなく紙なので重くなく、お土産にも丁度いいかと思います。
もちろん、ちゃっかり自分用としてもオススメ。
箱のデザインもなかなかですし、カリブの海賊における食べ物系のお土産の中ではこれが一番のアタリかな、と私は思いました。
他のはですね、せっかく可愛いのにデザインの点で惜しかったりするのがあるんですよ…そこで宝箱ならデッドマンズ・チェストにすればいいのにとかね、そこで船ならブラック・パールしかないだろう!とかね、そういうね。うん。(…)
 
ピンバッジやアトラクション中のジャックの人形をプリントしたポストカードもありました。
ピンバッジは種類も豊富で可愛いです。ディズニーのおなじみキャラが映画のシーンを再現しているデザインもあったり。
ああやっぱり君が船長か、とか、デイヴィの役は君に与えられたんだね…(肩ぽん)、とか、なかなか見ていて面白いですよ。
個人的には「お宝持ってきたよ!」という風にロゴを持ち走っているチップとデールのピンバッジが可愛かったですね。
 
1度目の搭乗を終え、園内を回る間に何度か本アトラクションの前を通りましたが、この日の待ち時間の平均は40〜50分といったところですね。
少し混雑気味の平日でこれ位ですので、休日に行くとさらに待ち時間が長くなる事は必至であると思われます。2時間は当たり前と聞いております。お、恐ろしいな…。
 
 
ちなみに、リニューアルOPEN後しばらく販売されていたジャック柄のポップコーンバケツ(正式にはスーベニアカップというらしい)は既に販売を終了しておりました。
まあ、どうせポップコーン買わないし(買っても全部食べ切れないし)諦めはつくが…しかし人気になる事は間違いないんだから、別に期間限定販売にする事ないんじゃないかねTDLよ…orz
 
それからしばらくし、もうすぐ閉園する頃のエレクトリカルパレード終了後。
「ジャックで始まりジャックで締める!」という事で再度カリブの海賊へ。
な、ななななななんと待ち時間、 5分 以下 (゜д゜)
入って歩いてさあ乗って、でした。いや本当に。という訳で時間の許される限り、と3回乗りました。連続で。
どれも待ち時間は5分を切りましたよ恐ろしい…。
休日ではどうか分かりませんが、平日では閉園間近に行かれる事を強くオススメします。乗り放題と言っても過言ではないです…。
 
フラッシュなしの撮影は大丈夫である様だ、という事、最初の搭乗は一番前だった、という事は先述したと思います。
しかしいざ一番前に乗り感じたのは、いくらフラッシュをたかずとも、暗い中を進むアトラクションの中でのデジカメの画面の光はやはり少なからず目立ってしまうので自粛するべきでは、という事でした。
それに第一、一番前だと 体全体でリアクションが とれない (ええええええええええ)
なら、一番後ろはどうよ!(…)
という事で、一番後ろを望んでいたら本当に3連続で一番後ろに。
これはもう、愛の力としか(強制終了)
で、一番後ろ。
もう何というか、無法地帯(…)
ジャックが通り過ぎても堂々と体全体を後ろにひねり限界まで目で追う事の出来るこの解放感の素晴らしさよ! 遙か遠くの目線の先にいる次のボートに乗ってるお客さんと目が合った様な気がするのは多分気のせいだぜ!(いや、そんな事ないと思う)
といっても、一番後ろになったからといってフラッシュ撮影していい訳ではモチロンないので、その辺はきっちりといたしましょう。
3回のうち1度だけ、一番前の席でフラッシュ撮影を繰り返す方がいたのには正直がっかりしてしまいました…。
というか普通、終了直前ですぐ先に従業員さんいるの分かっててラストのジャック撮りまくるか!? 
そんなにアトラクションの写真欲しけりゃポストカード買え! 売ってるから! 自分で撮るよりよっぽど鮮明に写ってるから!
むしろデイヴィ・ジョーンズの下で100年間働き続けるがいいわ、と思わずにはいられませんでした。
 
と、いう事で、この日は計4回カリブの海賊に乗り一日を終えました。
少なくとも2回は乗りたいんだ!という方は、入園後即向かい、1度堪能した後で閉園間近にまた覗いてみる、という方法をオススメいたします。
 
さて、長くなりましたが、そろそろレポートの幕をおろそうかと思います。
自分もまだ気付いていない、アトラクションの隠れたポイントももしかしたらあるでしょう。
是非、隅々までチェックしてみて下さいね。^^
見た人それぞれの楽しみのある、そんなアトラクションだと感じました。
いつか海賊団の皆で航海に出て、人形ジャックを凝視しまくりたいものですね。というか、もうむしろ海賊団+ジョニーで乗りたい(本音)
それでは!ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました。お疲れ様でした。(笑)
拙いレポートでしたが、雰囲気が少しでも伝える事が出来ていれば本望です。
 
海賊団レポ班メンバー やむ

   
やむちゃん、詳細でリアルなレポ、どうもありがとうございました!感動が蘇ります(^0^)v By:船長

 

当サイト内の記事・情報・レポ・画像・イラストなど、一切の無断持ち帰りを禁止します!
 無断転載・無断配布・無断引用を固くお断りします!

I prohibit a copy / a save / a rink to stop at from being similar without permission.
無断による転載・引用・コピー・リンク・保存等は固くお断りします!

 このHPは個人の趣味で作ったものです。
Johnny Depp本人及び所属事務所とは関係ございません。 

アクセスログ取得しています!

レポート目次へ

TOP